2012年11月02日

アーティチョーク

「アーティチョーク」の紹介です。

アーティチョーク.jpeg

詳しいことは関係する機関等にお問い合わせ下さい。

アーティチョークは、多肉質のアザミ似た大きな葉を咲かせることから
チョウセンアザミとも呼ばれています。
イタリアやフランスでは、つぼみが珍味とされていますが、
ギリシャ・ローマ時代には、薬草ハーブとしても重用されていました。


葉に含まれるシナリンという成分には、肝臓の解毒作用があるといわれ、ベトナムではお酒を飲んだ後二日酔いを防ぐ薬草茶として利用されているそうです。
また、脂肪の分解を促進して消化を促す働きがあるので、食べ過ぎのあとに飲むと、胃もたれを防ぐといわれています。


【関連する記事】
posted by 生き生きハーブ at 18:28| Comment(0) | 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。